新生銀行カードローン レイクは総量規制対象外なのか?

総量規制対象外のカードローンを利用したい、けれどどれが対象外になるのか今ひとつわからない…そんな方も多いのではないでしょうか?銀行カードローンは総量規制対象外というけれど、わかりにくいものもいくつかありますよね。例えば、新生銀行カードローン レイクなどもその一つです。新生銀行カードローン レイクは総量規制対象外になるのでしょうか。
新生銀行カードローン レイクはもともとは大手の消費者金融の一つでした。そのときのイメージがたいへん強く残っている方も多いですが、現在では新生銀行のカードローン事業の一つとなって、銀行カードローンという形態で営業しています。銀行が直接融資を行っているカードローンということで、もちろんレイクは総量規制の対象外です。
貸金業法の改正などにより大手の消費者金融では銀行傘下に入ったところが多くあり、レイクもその中の一つではありますが、レイクの場合には銀行グループの子会社になったというのではなく、銀行業法のなかでの事業展開になっているというところがプロミスやアコムなどといった同業他社とは大きく違う点です。
今でもネットで検索していると、レイクは総量規制の対象になるですとか大手消費者金融の一つだとして紹介されていることがあったりしますが、総量規制は対象外ですし今は消費者金融ではありません。
ただし、カードローンの商品内容のほうをみてみますと、金利が消費者金融並みに高めな点やスピード融資に対応している点、無利息サービスを展開しているなどサービス的には消費者金融時代の名残があるというか銀行カードローンと消費者金融のカードローンの中間といった性格がみられます。こうした点もまた、いまだに「レイクは消費者金融なのか?」と思わせる要因の一つなのかもしれませんね。

銀行カードローンのキャッシングは金利が一覧になっている

あらかじめ適用される金利が一覧になっていればわかりやすいものです。
消費者金融のキャッシングでは、適用される金利は明確になっていません。
上限金利が適用されるものとして利用をすることが安全です。
ところが銀行カードローンでは適用金利が融資限度額に応じて決まります。
通常は上限金利が適用される範囲で融資限度額が決まるため、やはり上限金利を比較しなければならないということは消費者金融と変わりありません。
それでも明確になっているだけに把握しやすい金利でもあります。
例えば金利を下げるための増額もできるということです。
銀行カードローンの金利はわかりやすくなっていますので増額も消費者金融での目的とは異なることも少なくありません。